人類のアイディアは底無しだ!電気製品の自作に挑戦!

admin / 2017年8月26日

人類の知恵の集大成!

人はいろいろな物を作り出します。家を作ることもできるし、飛行機や船で遠い外国へも行くことができます。人類の歴史は発明にあると言ってもいいでしょう。電気、ガス、水道、…発明が人類の発展に繋がっていることは間違いありません。私たちが毎日欠かさずに使っている電気製品などは、まさに人類の知恵の集大成でもあるでしょう。今回はそんな電気製品がどのように作られたのかを考えてみたいと思います。

電気製品の仕組みって簡単?!

電気製品というものは、普通買うものですよね。正直作るという発想はあまりないかもしれません。パソコンなんていう精密機器を作るには、専門の知識やそれを作る道具も必要だし、技術も身につけていないといけません。でも扇風機はどうでしょう?良く見てみるとモーターに羽根が付いているだけの単純な構造ですよね。電動の鉛筆削りなんかも同じような仕組みです。電気製品って物によっては、案外簡単に作ることができるんです。電気製品は買うものだと思いきや、結構自作している人が多いんですよ。

アイディアを活かして自作してみよう!

売れている電気製品はやっぱりアイディアが詰め込まれています。身の回りにある電気製品のおかげでかなり助かっている部分ってあると思うんですが、例えば、自動に開くカーテンなんていうのがあっていいですよね。タイマーなんかも付いていて、寝起きの時間になると自然と開く仕組みの自動カーテンも自作可能でしょう。簡単な仕組みの電気製品から自作に取り掛かれば、いつか製品化されるような完成度の高い作品も十分にできるはずです。

プリント基板実装とは、電子部品を忠実に配線板に接続する工程を指します。電気的に接続することを行い、機械的に固定することです。

@ 2018 Aligning Management . All Rights Reserved.