商品の保管状況が重要!?すぐに出荷できるようにするために

admin / 2017年6月30日

卸売業社は倉庫で商品を保管する

卸売業を営んでいる企業の倉庫には、多くの商品が保管されています。メーカーから仕入れた商品を在庫として抱えて、小売店からの発注があれば倉庫から出荷して小売店まで届けます。メーカーとしては全国各地にある倉庫にある商品の在庫状況を確認して卸売業社と今後の出荷状況等を見込んでメーカーから仕入れをおこない、小売店からの注文に備えます。

卸売業社では商品管理は重要

卸売業社としては在庫として抱えている商品をいつでも出荷できる体制にするために、また在庫管理が適性におこなわれるために商品管理をしっかりとおこなう必要があります。在庫数は十分にあるもののいざ出荷しようとしたら商品が破損したり汚損していた場合には、商品が足りなくなることにも繋がります。また破損した商品は卸売業社としては損失になり利益を圧迫することになるために、在庫管理は重要な作業になります。

倉庫内の商品を売れる状態に保つ

太陽光が直接倉庫内に入ることで商品の箱が日に焼けたりします。倉庫自体が大きいために温度や湿度が倉庫内に均等になるような空調設備をしっかりしたものにする必要があります。温湿計を倉庫内のいろいろな場所において、定期的に循環して調べて空調を調整する必要もあります。また商品にゴミが付着しないように日々清掃する必要もあります。また商品自体、低温暗所に保管する必要があるものもあり、倉庫内にそのような特別な温湿管理が必要な商品を保管できる部屋を設置する必要もありますし、期限がある商品についての管理も必要になります。

物流業界とは簡単に説明すると、物を国内外へ運ぶ業者や倉庫を運営している会社になります。身近な所では、ヤマト運送や日本郵政などがあげられます。

@ 2017 Aligning Management . All Rights Reserved.